顔デカおじさんのトキメキブログ

トレーニングと和菓子作りの情報発信

【ペット】現役動物看護師が教える!愛犬のフィラリアの症状(軽度~重度)

f:id:kaodekaojisan:20210923105444p:plain

 

こんにちは、顔デカおじさんの嫁です!

 

 今回は、フィラリアに感染していた場合の症状「軽度~重度」について

くわしく解説していこうと思います。フィラリア症は、予防薬を

正しく投薬していれば、防ぐことのできる病気ですが、

万が一感染してしまったときの初期・末期の症状について

書いていきます。

 

じっくり読み込んでくださいね!

 

 

 

フィラリア症の初期症状

f:id:kaodekaojisan:20210923112444j:plain

 

フィラリア症の診断方法

フィラリア症は、症状が出ていなくても定期検査や

フィラリア症の予防薬投与の前に行う血液検査などで

診断することができます。

 

なぜ症状が出るのか

フィラリア症は蚊の体内にいるフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)は、

蚊が犬の血を吸うときに蚊の体内から犬の体内に移動します。

2~3ヶ月かけて成長し、血管の中に侵入するようになります。

 

そして、成長しながら血液の流れに乗って、心臓に移動します。

フィラリアは主に心室と、その先にある肺動脈に寄生します。

 

フィラリア症の症状が出るのは、フィラリアが犬の肺動脈を

成長しながら移動していくことと、フィラリアの成虫が

たくさんいて心臓に負担がかかること、フィラリアの成虫が

死ぬことが原因です。

 

また、フィラリアの成虫が死ぬと、細い肺の血管を

ふさいでしまい、血液が流れなくなってしまうことで、

その周囲の組織が壊れてしまいます。

 

これらのような原因によってフィラリア症のさまざまな

症状が見られるのです。

 

フィラリア症の初期症状・具体例

犬のフィラリア症が軽度のうちは、初期症状として

次のようなものが見られます。

 

・咳をするようになる

・運動や散歩を嫌がるようになる

・痩せてくる

・毛並みが悪くなる

・食欲がなくなる

・散歩や運動後に失神することがある

・呼吸が浅くて回数が増える

 

これらの中には、年をとるにつれて出てくる衰えだと

感じるものもあります。

 

フィラリア症の末期症状

f:id:kaodekaojisan:20210923114733j:plain

 

フィラリア症の末期症状・具体例

初期症状の状態で気づかずに進行していくと、

次のような症状が見られるようになります。

 

・元気消失や食欲の減少によって痩せる

・咳だけではなく呼吸が苦しそうになる

・咳をした際に血を吐く/嘔吐する

・腹水がたまる

・心臓、肝臓、腎臓、肺などの臓器が機能不全になる

・血尿(赤みをおびた尿)がでる

・貧血になり唇が白くなる

 

このような症状が出たら、かなり危険な状態であると

認識し、一刻も早く動物病院で診てもらいましょう。

通常フィラリア症は時間をかけて進行するため、

ここまで悪化する前には何かしら治療を始めているケースがほとんどです。

 

しかし、「大動脈症候群」と呼ばれる急性の症状も

あるので注意してください。

 

フィラリア症の急性症状「大動脈症候群」

大動脈症候群」とは肺動脈に寄生していた成虫が、

右心房あるいは右心房と右心室にまたいで移動することで

三尖弁閉鎖不全」を引き起こし、血流が乱れ全身状態が

急激に悪化する病気です。「大動脈症候群」になると、

血色素尿(コーラのような色の尿)や呼吸困難、

低血圧などの症状がみられます。

治療が遅れると死亡することもあるので、

すみやかに受診しましょう。

 

 

まとめ

f:id:kaodekaojisan:20210923133212j:plain

 

 

今回は、フィラリアに感染していた場合の「時期別の症状」について

くわしく解説しました。フィラリア症は、予防薬を

正しく投薬していれば、防ぐことのできる病気ですが、

万が一感染している愛犬に予防薬を与えてしまうと、

ショック症状を起こすことがあります。

 

予防薬の投与を開始する前には必ず検査をするようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

愛犬の飼い主さんのお役に立てればと思います。