顔デカおじさんのトキメキブログ

トレーニングと和菓子作りの情報発信

【ペット】現役動物看護師が教える!フィラリアの症状「咳」について

f:id:kaodekaojisan:20210923105444p:plain

 

 こんにちは!顔デカおじさんの嫁です!

 

今回はフィラリア症に感染してしまった場合に出る症状のひとつ、

「咳」について書いていこうと思います。フィラリア症は、予防薬を

正しく投薬していれば、防ぐことのできる病気です。

 

じっくり読み込んでくださいね!

 

 

フィラリア症:初期症状「咳」

f:id:kaodekaojisan:20210923114733j:plain

 

なぜ咳が出るの?

フィラリアは、肺に血液を送るための大切な場所である、

肺動脈や心臓の右側に寄生するため、代表的な症状は

心臓と肺にみられます。

 

肺障害による咳

フィラリアの刺激によって肺への血管がカチコチに

硬くなってしまったり、血栓を作ってしまうことで、

肺が傷ついたりします。

 

初期症状では運動したときのみの咳や活動量の低下などが

ありますが、重度になってくると咳き込みや呼吸困難、

チアノーゼ(舌や歯ぐきが青ざめる、白っぽく見える)と

いった症状が出ます。

 

フィラリア症:「咳」の特徴

f:id:kaodekaojisan:20211001230014j:plain

 

フィラリアの寄生数が少ない時は無症状です。

数が増えるに従い咳が見られるようになってきます。

 

散歩中に「ゲーッ ゲーッ」と吐き出すような、

喉に何かつまったような動作をするようになったら

かなり進行しています。安静時にこの「ゲーッ ゲーッ」が

出るようであれば重症。

 

フィラリアで来院する飼い主さんの多くが喉に何か

骨がつっかえたようだとおっしゃってきますが、

これはまぎれもなく咳です。

 

フィラリア症:「咳」の治療法

f:id:kaodekaojisan:20210923130045j:plain

 

フィラリア症による「咳」の治療法

咳などがみられる場合は強心剤、利尿剤、降圧剤などを使用します。

こちらの薬はフィラリアが消えても継続しなければならないケースが

多いです。

 

重度のフィラリア症は駆虫に成功しても心不全は残ります。

肺の血管の蛇行と炎症から咳が消えない犬も多いです。

予防は簡単なのに対して治療はかなり面倒です。

 

まとめ

f:id:kaodekaojisan:20210923133212j:plain

 

万が一フィラリア症を発症してしまうと、病気だけでなく

治療でも愛犬の身体に負担がかかってしまいます。

 

お薬の適切な使用で予防できるので、忘れず、

確実にお薬を使用しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

愛犬の飼い主さんのお役に立てればと思います。